アルバニア 全成分

アルバニアの全成分とは?※肌に優しいのは本当か1つずつ調べました

アルバニア全成分が肌に優しいってホント?※ひとつずつ分析しました

 

アルバニアでケアを始める前に、全成分についてしっかり押さえておきたいですよね。

 

ここでは、気になるアルバニアの全成分について調べた内容をお伝えしていきます。

 

⇒すぐにアルバニアの詳細を見る

 

 

アルバニアの全成分とは?

 

アルバニアの全成分は、下記の通りです。

 

トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル、精製水、カルボキシビニルポリマー、1,3−ブチレングリコール、濃グリセリン、1,2−ペンタンジオール、セトステアリルグルコシド・セトステアリルアルコール、アラキルグルコシド、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、コメヌカ油、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエエキス(2)、メチルポリシロキサン、天然ビタミン E、ポリ アクリル酸アミド、軽質流動イソパラフィン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、フェノキシエタノール

 

アルバニアの全成分を詳しく解説

 

ここでは、上記に挙げたアルバニアの全成分について、ひとつずつ詳しく説明していきます。

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は、シミの一種でやっかいな「肝斑」を良化させる効果が、はじめて確認された成分なんです。

 

アミノ酸の一種で、必須アミノ酸である「リシン」が元になっている成分です。

 

炎症の原因となる体内酵素である「プラスミン」の働きを抑える効能が期待できるため、シミの原因となるメラニンができるのを防ぐ効果があります。

 

シミが新しくできるのを予防しつつ、すでにあるシミを目立たなくさせる効果が期待できるんです。

 

グリチルレチン酸ステアリル

 

4000年前から薬用植物として用いられていた甘草から抽出して精製されているのが、グリチルリチン酸。

 

このグリチルリチン酸を、さらに酸を使用して分解してエステル化した成分が、グリチルレチン酸ステアリルということになります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムのおよそ2倍にもなる強力な抗菌作用があり、油脂類にも問題なく溶けてくれるんです。

 

また、化粧品の抗酸化もある成分です。

 

カルボキシビニルポリマー

 

安全性が高い増粘剤です。

 

ブチレングリコール、濃グリセリン

 

抗菌作用や保湿効果が期待できます。

 

セトステアリルグルコシド、セトステアリルアルコール

 

安定剤として使われている、ヤシやパームからできる飽和高級アルコールです。

 

アラキルグルコシド

 

水分と油分をまんべんなく乳化させる作用があり、乾燥から皮膚を保護する働きがあります。

 

アラキルアルコール

 

非イオン界面活性剤の原料となるもので、パーム油などに入っています。

 

増粘剤や乳化剤としての働きがあります。

 

ベヘニルアルコール

 

脂肪族アルコールに分類され、菜種油から抽出して生成されます。

 

こちらも増粘剤や乳化安定剤として使われている、安全性が認められた成分です。

 

トリ(カプリル・カプリル酸)グリセリル

 

中鎖脂肪酸からできているエステルオイルで、粘り気が少なく、さらっとした軽いテクスチャになっています。

 

コメヌカ油

 

米から採取することができる油で、フィチン酸が入っているため、肌のトーンを明るくする効果が期待できます。

 

高い保湿効果を持ち、角質をやわらかくする効果も持っています。

 

ユキノシタエキス

 

アルブチンを含んでいるため、肌にハリやツヤをもたらす効果が期待できます。

 

クロレラエキス

 

数十億年も前から存在していた海藻類で、葉緑素やビタミン、たんぱく質、無機質などの栄養素がたっぷり含まれていて、肌のハリや弾力をもたらす効果が期待できます。

 

アロエエキス

 

健康効果や美容効果が認められていて、保湿効果が高く、肌荒れを抑える効果が期待できます。

 

カッコンエキス

 

保湿効果や、皮膚の状態を保護する効果も見込めます。

 

ボタンエキス

 

紫外線からくる乾燥に対して、肌を保護する働きがあり、また肌荒れを抑止する効果も期待できます。

 

メチルポリシロキサン

 

肌をコーティングするような効果を持ち、水や油にも溶けないという性質を持っています。

 

天然ビタミンE

 

活性酸素から細胞膜を保護する効果が期待できます。

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル

 

ほんの少しの量でも高い洗浄能力があるのに、低刺激な成分です。

 

フェノキシエタノール

 

防腐剤として活用されていて、エタノールよりも肌への刺激が少ない成分です。

 

ポリアクリル酸アミド

 

乳化剤として活用されています。

 

軽質流動イソパラフィン

 

さまざまな化粧品に用いられているオイルで、酸化せずに乳化しやすい特質があり、ミネラルで安全性も高い成分です。

 

公式サイトでも成分をチェック。

 

いかがでしょうか。

 

アルバニアは低刺激で肌にやさしい成分で構成されていることが、お分かりいただけたと思います。

 

公式サイトでも成分について詳しく掲載されていますので、一度ご覧になってみてくださいね。

 

⇒アルバニアの詳細はコチラ

 

.